古書古本買取の小宮山書店です 写真集・美術書・デザイン・アート・文学など古書全般

  • twitter
  • tumblr
  • instagram

ブログ&ニュース

アートフェア東京2015に参加しました!!

こんにちは!

気温も暖かくなり、日に日に春の訪れを感じる季節になってきました。
週末はお花見の予定が入っている方も多いのではないでしょうか?

桜を見上げるのも趣がありますが、春は芸術の季節。
そう、東京で楽しめるのは「芸術の秋」だけではないのです。

3月20日(金)から3月22日(日)まで、東京国際フォーラムにて「アートフェア東京2015」が開催されました。

topbanner1

ご存じの方も多いとは思いますが、こちらは日本最大のアートフェア

今年はなんと、過去最高の来場者数、約5万5000人を記録したそうです。

小宮山書店も例年通り参加しましたが、去年を上回る3ブースに大きさを拡大!
100点近い作品を展示販売し、より内容の濃い空間をお届けいたしました。

img_20791

さて、こちらは作品を掛ける前の様子。

予想以上に大きなスペース。
不安はありましたが、
どんな仕上がりになるのか、と考えながら準備をしました。

この日のために用意した作品や、日本初披露の作品も多く、少しでも早く来場者の皆様に見ていただきたい!という気持ちを抑えながらの作業でした。

img_20854

予め図面は引いていたものの、やはり現場では何が起こるかわかりません。

「この額、思ったよりイメージが強いから動かそう」
「そうなると、隣と色が・・・」
「急遽持ってきたものはどこにしようか」
まさに試行錯誤。
何度もレイアウトを変更し、納得出来る形になりました。

dscn63231

さて、今回のメインテーマは「ストリートアート」

まだ他のギャラリーさんが踏み入れていない新しいジャンルです。

“Banksy(バンクシー)”を筆頭に、
海外ではアートとして確立されている分野ではありますが、
日本での人気は、まだまだこれから。

その分野に挑戦する、というのも今回のアートフェアの大きな意義でした。

dscn63121
dscn63172

もちろん、ストリートアートだけではなく、
写真家や、若手作家も積極的に採用し、
幅広い層の方々に楽しんでもらえる内容になったと考えております。

そして、去年に引き続き、青山にお店を構えるインテリアショップ“Knoll Japan”さんと、写真家“森山大道”さんのコラボレーション家具も発表!!

建築家“フランク・ゲーリー”デザインのイスに、
森山さんのシルクスクリーンを施した革のクッションが見事にマッチし、かなりクールな仕上がりとなりました。

dscn6295

森山大道 × Knoll Japan(フランク・ゲーリーデザイン)コラボレーション家具
「クロスチェックアームチェア」

dscn6301

森山大道 × Knoll Japan(フランク・ゲーリーデザイン)コラボレーション家具
「ハットトリックアームチェア」

dscn6297

森山大道 × Knoll Japan(エーロ・サーリネン)コラボレーション家具
「ラウンドダイニングテーブル」

上記3点の家具にご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせくさい!

さて、3月19日(木)はオープニンプレビューが開催され、
アーティストや関係者の皆様に足を運んでいただきました。
会場の様子と合わせて、ご紹介いたします!

img_2086

まずは亀田興毅さん。
海外にご出発される予定が迫っているお忙しい中、足を運んでいただきました!

img_2121

こちらは塩谷瞬さん。
とても優しく接していただき、立ち居振る舞いも心もハンサムな方でした。

そして、国内外のアーティストから直接作品に関するお話を伺えるのも、アートフェアの大きな魅力。
作品を展示しているアーティストの方々もブースに足を運んで下さいました。

img_2098

こちらは井上文太さん。
NHKパペットエンターテイメント“シャーロック・ホームズ”といえばご存知の方も多いのでは?

エディション20ではありますが、
衣装もすべてが手作りで、それぞれ髪の色が違うなど、細部までこだわり抜いた”ユニーク作品”。

「全てオリジナル」と言っても過言ではなく、
見れば見るほど愛着が湧いてくる不思議な作品です。
ご本人から作品に関するこだわりや愛をお伺い出来る、非常に貴重な時間でした。

dscn6327

こちらはテレビでお馴染みの制服バージョン。

スイーツデコアートを世に送り出す、アート界のスイーツ王子、

渡辺おさむさんにもお越しいただきました。

img_20881img_2119

昨年に引き続き作品を展示いたしました。
「食べちゃいたいくらい可愛い!」
という言葉がこれ以上似合う作品はありませんね。

img_2089

続いて、イギリス出身のストリートアーティスト、
“Beejor(ビジョア)”
さんと、その作品の前で一枚。

まだ若手ですが、人気が高く、
美術館でソロの展示も決まっており、
今後に大注目のアーティストです。

img_2091img_2112

上の写真はBON、そして下の写真がAlex

二人ともタイ出身のアーティストで、
ストリートアートの世界では共に有名です。
美術館での個展も経験しており、
全ての作品がSold outするほどの人気!
二人とも気さくで、非常に親近感が持てるアーティストです。

会場にお越しくださった皆様、本当にありがとうございました!

「会場に足を運ぶことが出来なかった」、
「あの作品をもう一度見たい!」、
という方は神保町にお越しください!

今回、スペースの都合で展示を諦めた作品が多数ございますので、
そちらも合わせてご覧頂ければ幸いです。

今年は積極的に海外のフォトフェアやアートフェアに参加し、最新の作品を吸収して、皆様にご紹介出来れば・・・と考えております。

これからも小宮山書店をよろしくお願いいたします。

小宮山慶太

古書古本の買取も絶賛受付中です。
出張買取もしてます。詳しくはこちらから。

2015 年 3 月 28 日