古書古本買取の小宮山書店です 写真集・美術書・デザイン・アート・文学など古書全般

  • twitter
  • tumblr
  • instagram

ブログ&ニュース

小林秀雄「おふえりや遺文」(毛筆署名入り)が入荷いたしました!

こんにちは、今日も一段と冷え込んでいますね。
今日の神保町は東京マラソンで雰囲気が少し違い、ますます賑やかになるでしょう。

さて、今回は小宮山書店三階・文学フロアからのお知らせです!
今日のおすすめの一冊は小林秀雄の「おふえりや遺文」です。
これまで何度も小宮山書店のおすすめブログに登場した小林秀雄ですが、今回の作品はちょっと違い、小林秀雄が31歳の時に発表した遺書体小説です。
タイトルの「おふえりや」は皆さんのご存知の通り、シェイクスピアの名作「ハムレット」の主人公・ハムレット王子の恋人オフィーリアです。

オフィーリアは昔から死や愛、狂気などのテーマと関わり、さらに「無垢な乙女」の代表として多くのアーティストにインスピレーションを与え、特に有名なのはミレーの絵「オフィーリア」(1852年)があります。今回の小林秀雄も、そのインスピレーションを受けた一人となっています。

ちなみに小説の第一人称が「妾」で、遺書の対象が恋人のハムレットです。
乙女チックな小林秀雄はここで読めます。

1-2961

おふえりや遺文【サイン入 / Signed】
文:小林秀雄
三才社 昭和8年(1933)
1冊 毛筆署名 限定400部 ハードカバー、カバー付
背表紙ヤブレ有

【在庫確認はこちらから】

ご覧の通り、背表紙(写真の右)にヤブレがあります。

装丁を担当するのは装丁家の青山二郎で、用紙は越前國岡本村杉原半四郎漉紙です。

1-297

1-298

【ほかの小林秀雄関連本はこちらから】

古書古本の買取も絶賛受付中です。
出張買取もしてます。詳しくはこちらから。

2018 年 2 月 25 日