古書古本買取の小宮山書店です 写真集・美術書・デザイン・アート・文学など古書全般

  • twitter
  • tumblr
  • instagram

ブログ&ニュース

小川国夫『アポロンの島』識語サイン入りを入荷いたしました。

こんにちは。
毎度、ご覧下さり誠にありがとうございます。

本日は3階文学・哲学フロアより新商品のご紹介を致します。

今回ご紹介させて頂くのは、「内向の世代」と称された作家群の一人である、
小川国夫の処女作『アポロンの島』でございます。
e3818ae3818ce3828fe3818fe381abe3818a

氏はこの処女作では実は賞めいたものを獲得しておりません。
後に上梓される作品で何種かの文学賞を手にしてはおりますが、『アポロンの島』では無冠に終わっています。
では何故、氏は文壇に注視されたのでしょうか。

e3818ae3818ce3828fe3818fe381abe3818aefbc92
※本に掛かっているパラフィン紙がのり付けされております。

それは、島尾敏雄に起因しているのでした。
当時、この作品を私家版として出版するものの全く振るわなかったところ、たまたま手にした島尾が、そのあまりの瑞々しさや情景の美しさに魅了され、氏を訪ねたようです。
島尾に見初められたことで、氏は「内向の世代」の一人として(本人はその括られ方を忌避していたとも分かりかねますが)活躍してゆくことになります。

賞などに拘泥せず、むしろ不要なものとして淡々と、自己が観て、感じた世界を文を通じ表す作家、小川国夫。
ぜひこの機会に“賞を越えた”作品、『アポロンの島』をお手に取り下さいませ。

e3818ae3818ce3828fe3818fe381abe3818aefbc93
氏による、識語サインが入っております。私家版、かつサイン本(!) 大変貴重です。

『アポロンの島』
小川国夫
1957年 青銅時代社
1冊 初版 函付 識語サイン本
外函に少ヤケ・シミ・ヨゴレ有 本の小口に少シミ有 パラフィン紙のり付け有
¥48,600 (税込)
在庫のご確認はこちらからどうぞ

なお、商品は一点限りでございます。お買い求めの際は、上記リンクから在庫をご確認の上ご注文をお願い致します。

お近くにお越しの際は是非小宮山書店にお立ち寄り下さい。
スタッフ一同、心よりご来店お待ちしております。

担当:加賀谷

古書古本の買取も絶賛受付中です。
出張買取もしてます。詳しくはこちらから。

2014 年 7 月 30 日

特集 釣り人としての開高健

こんにちは。
毎度、ご覧下さり誠にありがとうございます。

本日は3階文学・哲学フロアより新商品のご紹介を致します。

今回ご紹介させて頂くのは、芥川賞作家…と言うよりも、
「釣り人」としての開高健の作品でございます。

開高健は数々の優れた小説を残した小説家でありながら、
“ノンフィクションの名手”でもありました。
その中でも特に注視したい作品が、「釣りもの」です。
文化人として第一線を走りながら、
傍らで食、酒、そして何よりも、“釣り”に傾倒していたことを、
ご存じの方も多いかと思われます。
(一説によれば、「キャッチ・アンド・リリース」を拡めたのは、他ならぬ開高健だったとか)

そんな「釣り人 開高健」の代表作とも言えるのがこの作品。
『フィッシュ・オン』
e38395e382a3e38383e382b7e383a5e382aae383b3
本書は、ロダンの引用により幕を開けます。
「都会は石の墓場です。人の住むところではありません」

都会の喧騒や世俗から離れ、世界のあらゆる魚を捉え、
再び海や河に放つという循環を通じ、
開高は「自然」と「生」を捉えようとしていたのだろうか・・・

と、考えていたところで、
「アームチェアにでももたれてゆっくりとごらんください。」
と帯に記されている言葉を拝見すると、
何とも言えぬ思いに駆られます。

目次もユニーク。
e38395e382a3e38383e382b7e383a5e382aae383b34

スウェーデンで釣りに興じる氏の様子。
e38395e382a3e38383e382b7e383a5e382aae383b32

フランスで寄せ餌作りをしている氏の様子。
e38395e382a3e38383e382b7e383a5e382aae383b33
文や被写体は開高健、写真は秋元啓一が担当しています。
夏真っ盛りの今こそ、冷房のきいた部屋で、
ぜひこの作品をアームチェアにでももたれてゆっくりとごらんください。

『フィッシュ・オン』
開高健 文/秋元啓一 写真
1971年 朝日新聞社 1冊 初版 カバー・帯付 カバー上部少イタミ有 天少ヨゴレ有 帯背少ヤケ有
¥43,200

在庫のご確認はこちらからどうぞ

続いての商品をご紹介致します。
『私の釣魚体験』です。
e3818be38184e38193e38186
こちらは釣りにまつわる事象がもとで起きた出来事や、
氏の想いを文章のみで構成した短篇集です。
「まずミミズを釣ること」から「戦艦大和はまだ釣れないこと」。
そして、「母なるメコン河でカチヨックというへんな魚を一匹釣ること」など、
実に味わい深いエッセイが11篇(+独特な語り口のあとがき)が収録されております。

サインも入っております。
e3818be38184e38193e381862

『私の釣魚大全』
開高健
1969年 文藝春秋 1冊 仏文識語サイン入 初版 帯・カバー付
¥43,200

在庫のご確認はこちらからどうぞ

いかがでしょうか。
この機会に、芥川賞作家の“文壇”とは異なる面をご一読下さいませ。
(もちろん、釣り好きの方も!)

なお、各商品は一点限りでございます。お買い求めの際は、上記リンクから在庫をご確認の上ご注文をお願い致します。

お近くにお越しの際は是非小宮山書店にお立ち寄り下さい。
スタッフ一同、心よりご来店お待ちしております。

担当:加賀谷

古書古本の買取も絶賛受付中です。
出張買取もしてます。詳しくはこちらから。

2014 年 7 月 26 日

埴谷雄高全集が入荷しました

昭和にアウトローな作家がいました。

昭和と言っても、少しは平成もかじっている(?)作家でしたが、

その生い立ち、生き様のグルーヴは正に昭和で、

今日の社会にそのまま生きていたら、

きっと非難の嵐を浴びまくっていたことでしょう。

埴谷雄高

tky200711210094

(写真:朝日新聞デジタル)

自身の妻を4回も中絶させた経験があるそうで、

なんとも笑えないアウトローっぷりです。

男のアウトロー育児 幻冬舎Webマガジン

1984年には、「コムデギャルソン論争」なるものを吉本隆明と引き起こしたという、

ファッションピーポーにとっても無視できない人物ですね。

今日ご紹介するのは、そんな埴谷雄高の全集。

埴谷雄高全集
1998年  講談社  全20巻21冊  函・帯付 第5巻の帯少イタミ有 第3巻の函カバー欠
¥44,000

在庫は一点限りとなっておりますので、
売り切れの際はご容赦ください。

皆様のご来店をお待ちしております。

また、本日9日(日)まで開催中の、
アートフェア東京2014に出展しております。
東京国際フォーラムの最寄り駅、日比谷までは、
神保町から都営三田線 で数分の距離ですので、
是非、そちらにも足をお運びください。

古書古本の買取も絶賛受付中です。
出張買取もしてます。詳しくはこちらから。

古書古本の買取も絶賛受付中です。
出張買取もしてます。詳しくはこちらから。

Tags:
2014 年 3 月 9 日

源氏物語注釈書・享受史事典 入荷しました!!

こんにちは。

中3階より、新入荷のお知らせです

今回、ご紹介するのは源氏物語注釈書・享受史事典です。 

源氏物語の本格的な注釈書の発生は平安末期から始まり、以後江戸末期までに膨大な数の注釈書が存在します。

この本では平安末期から江戸末期までの注釈書525点の詳細な書誌とともに内容を明らかにしています。

また源氏物語が成立した当初から幕末までどのように享受されてきたのかという事が、源氏物語関係の奥書、識語、古記録といった類の資料を年月日順にすることによって明らかにされています。
 
つまり多様な注釈書の実態とともに各時代に享受されてきた様相が分かる、まさに源氏物語研究に不可欠な基本資料と言えるでしょう。
 
函、中ともに状態はきれいです。
源氏物語注釈書・享受史事典 
 
伊井春樹/編 東京堂出版 
 
2001年 初版・函・カバー付
 
ganggg

ご紹介しました書籍は、在庫が1点限りとなります。

品切れの際はご了承くださいませ。

ご注文・お問い合わせをお待ちしております。

担当:飯野

古書古本の買取も絶賛受付中です。
出張買取もしてます。詳しくはこちらから。

Tags:
2013 年 9 月 17 日

「江戸狂歌本選集」全巻揃が入荷しました!!!

中三階より本の入荷のお知らせです。

この本の刊行にあたって以下の紹介文が広告に記載されていました。

刊行にあたって

知と戯の文学である狂歌は、近世文学の他のジャンルと同様に、上方の地に

生し、そして文運東漸の気運にのり、 江戸の地にそのブームは波及し成長

したのであるが、他の近世文学に比して、とくに江戸狂歌の作品の紹介は、

一歩出遅れている感がある。それは、文化・文政・天保期の狂歌集の刊行が

夥しく、かつ玉石混淆であり、書誌的にも調査が十分なされていないという現状

に起因するであろう。上方狂歌の翻刻集成については、すでに真鍋広済氏編

「未刊近世上方狂歌集成」・「狂歌大観」があり、さらに西島孜哉氏によって、

現在も「近世上方狂歌叢書」が精力的に刊行されつづけている。

いうまでもなく狂歌は、近世文学の他のジャンルを考えるのに、格好な情報を

提供してくれるという資料的価値をも有していることは、誰しも疑問をはさむ余地

はないであろう。とくに天明期を中心とした江戸狂歌は、江戸文芸(江戸の地で

生まれ、育まれた文学や絵画など)理解のための一級の資料的価値を有してい

るといっても過言ではない。この観点から明和・安永・天明・寛政・享和・文化・

文政・天保・安政期の代表的、あるいは狂歌資料として価値のある狂歌集を精選

して収載したのが本選集である。


如何でしょうか。この選集が近世文芸を理解する上で欠かすことの出来ない第一級

資料であることは間違いありません。御注文をお待ちしております。

49883e6b19fe688b8e78b82e6ad8c1

江戸狂歌本選集 全15冊揃
1998年  東京堂出版   函に若干の日焼け跡と第2巻の函に少傷みあり。
¥160,000

在庫は1セットだけになります。品切れの際は御了承ください。

尚、中3階へ御来店の際は、エレベーターで4階に上がってから

階段を一つ降りた階になります。

ご来店を御待ちしております。

担当こばやし

古書古本の買取も絶賛受付中です。
出張買取もしてます。詳しくはこちらから。

Tags:
2013 年 9 月 14 日