News & Blog

ウィーン幻想派 「エーリッヒ・ブラウアー」

2012 年 12 月 28 日 | カテゴリー : 美術

いつもご覧いただき、ありがとうございます!!

また、本年も多くのお客様にご愛顧いただきましたこと、心より感謝いたします!!

さて、本年最後の「おすすめブログ」は2階 美術のフロアから、

ウィーン幻想派画家 エーリッヒ・ブラウアーの画集2作品を紹介します。

e3839ae382b5e3838fe8a1a8e7b499

『THE PESSACH  HAGGADAH』 ペサハ ハッガーダー

エーリッヒ・ブラウアー

1979年 英語・ヘブライ語  Goldregen AG Glarus

10.000円

ご注文はこちらからどうぞ

Pessach(ペサハ)とは、ユダヤ教の「過ぎ越しの祭」、

Haggadah(ハッガーダー/ハガダ)とは、この祭りで使われる冊子。

今回ご紹介するのは祭りの典礼、故事説話、詩篇、ヘブライ語(英訳付)とブラウアーの画からなる幻想的な1冊です。

宗教儀式、説話、ウィーン幻想派画家、さらには装飾的に映るヘブライ文字・・・魔術的なブラウアーの画が謎めいており、不思議な気配を発しています。

祝宴の支度に続き、聖書「出エジプト」に関する物語は、エジプトの奴隷であった場面から始まります。

e3839ae382b5e3838f1e38080e5aeb4e381aee694afe5baa6

e3839ae382b5e3838f2

e3839ae382b5e3838f4

文章を読まずとも(ヘブライ語は読めませんが)画だけで苦悶、戒めなどの説話的内容だということが伝わってくるようです。

さて、もう1冊はエーリッヒ・ブラウアーの展覧会画集です。

e38396e383a9e382a6e382a2e383bc0e8a1a8e7b4991

『Brauer graphisches Werk 1951-1974 』

エーリッヒ・ブラウアー/画 ウォルター・コシャツキー/編

1974年 ドイツ語 見返し・見開きシミあり Goldregen AG Glarus

30.000円

ご注文はこちらからどうぞ

こちらも、幻想的。幻獣、幻鳥、幻花。 幻の風景。

人物がすべて「点目」軽く言ってしまえば「イッちゃってる目」なんですが、何かを夢見る目、なんです。夢見ながら苦悶するカオなのです。

e38396e383a9e382a6e382a2e383bcwerk-8

正体がなんであるのか分からない具象が画面の其処彼処にあり、謎解きを迫られているかのごとく、深く遠くへ視線が引き込まれてゆきます。

e38396e383a9e382a6e382a2e383bcwerk-6

e38396e383a9e382a6e382a2e383bcwerk-2

装飾的ではありますが、華美でない。さらに夢見ることも、苦悶することも美化しない・・・。

静謐。ページをめくりながらそんな思いにとらわれます。

透き通るような色彩に溢れたこの2冊、いずれも在庫は1点ずつです。

★★★

本年最終の「おすすめ品ブログ」 ご興味をもっていただけたでしょうか?

書棚を眺め、様々な作品をご覧いただきながら店内をクルーズする・・・その時間が少しでも皆様の心の愉しみになり、発見と悦びのきっかけとなるなら、小宮山書店スタッフ一同、これほど嬉しいことはありません!!

来たる年も一層のご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

皆々様、よいお年を。

藤江