NEWS & BLOG | 神保町の小宮山書店 / KOMIYAMA TOKYO

メニュー

小宮山書店 KOMIYAMA TOKYO

News & Blog

Robert Desnos “DE L’EROTISME”(澁澤龍彦訳)を入荷致しました。

2014 年 8 月 26 日 | カテゴリー : 未分類

こんにちは。
毎度、ご覧下さり誠にありがとうございます。

本日は3階文学・哲学フロアより新商品のご紹介を致します。

今回ご紹介させて頂くのは、二十世紀フランスで活躍した詩人、ロベール・デスノスによる著作“DE L’EROTISME”(邦題:「エロチシズム」)です。

e382a8e383ade38381e382b7e382bae383a0

e382a8e383ade38381e382b7e382bae383a0efbc92

日本ではあまり認知されていないように見受けられるデスノスですが、実は初期シュルレアリスム運動の中枢を担った重要人物でした。
かのブルトンをして「シュルレアリスムの真実に最も近づいた人物」と評されていたほどです。
e38387e382b9e3838ee382b9efbc93

しかし彼は、そのように新たな脈流を生み出そうとしていた一方で、早くから「エロチシズム」についての慧眼をも光らせていました。
「エロチシズム」は今日では、この作品の訳者でもある澁澤龍彦の力もあり馴染みのある概念となっておりますが、デスノスがその原型を創出したと言っても過言ではないでしょう。

本作では「エロチシズム」の定義付けから始まり、サド、そして十九世紀の諸作家を通じ、執筆当時の「エロチシズム」までを論じています。
また、巻末では訳者澁澤氏による、「解説の体を取った」論である「エロチシズムの本質的構造」を併録しています。

いかがでしたか。
少し状態が落ちていることもあり、価格を下げてご用意しております。
現物は店員にお声をかけて下さればすぐにご覧になって頂けます。
ぜひ、当店3階へお越しくださいませ。

DE L’EROTISME エロチシズム

Robert Desnos ロベール・デスノス 著 / 澁澤龍彦 訳

1958年 書肆ユリイカ
初版 少日焼け・汚れ有

¥59,400 (税込み)

在庫のご確認はこちらから

なお、商品は一点限りでございます。お買い求めの際は、上記リンクから在庫をご確認の上ご注文をお願い致します。

お近くにお越しの際は是非小宮山書店にお立ち寄り下さい。
スタッフ一同、心よりご来店お待ちしております。

担当:加賀谷