メニュー

小宮山書店 KOMIYAMA TOKYO

News & Blog

粟津潔のポスターをご紹介いたします!

2019 年 5 月 16 日 | カテゴリー : 美術

こんにちは。
本日は日本を代表するグラフィックデザイナー “粟津潔” のポスターをご紹介いたします。

粟津潔はグラフィックデザイナーとしてデザインの第一線で活躍する傍ら、建築・音楽・文学・映像など様々なジャンルを超えたアーティストらと共に都市設計・博覧会設計・映画制作なども行いました。

また、親しくしていた寺山修司の依頼で渋谷に専用の劇場『天井棧敷館』を作り上げました。
デザインは粟津潔のほか、当時美術大学の学生だった榎本了壱や渋谷育由などの手によるもの。残念ながら現在では見ることが出来ませんが、一目見ただけで彼が関わっていると判る美しいカオスは、通りゆく人々の目を奪ったそうです。

さて本日最初に紹介するのは、天井棧敷館の設立とほぼ時を同じくした1969年、演劇「犬神」のために制作されたシルクスクリーンポスターです。

e7b29fe6b4a5e6bd94e3808ce78aace7a59ee3808de38395e383a9e383b3e382afe38395e383abe38388e78988

粟津潔ポスター「犬神 (黄) 劇団天井棧敷」
粟津潔
1969年 1点 1010×710
余白にキレ有
詳細はこちらから

【上の商品】はドイツ・フランクフルトで開催された世界前衛演劇祭に参加した際のポスター。
天井棧敷にとって初の海外公演となった本作は、もともと過去に作られたラジオドラマ「犬神の女」を下敷きに戯曲化された作品でした。
土着的かつ閉鎖的な作品のテーマは、この後も広がりを見せ、映画「田園に死す(1974)」へと繋がっていきます。
【下の商品】は凱旋公演として、草月ホールで上演された際のポスターです。

e88d89e69c88e3839be383bce383abe78988e38080e78aace7a59e

粟津潔ポスター「犬神 (赤) 劇団天井棧敷」
粟津潔
1969年 1点 1010×710 少シミ有
詳細はこちらから


また同時期に作られたポスター2点をご紹介いたします。


粟津潔ポスター「心中天網島」
粟津潔
1969年 1点 1030×730
詳細はこちらから


粟津潔ポスター「POSTER NIPPON ~スクリーン印刷によるポスター展~」
粟津潔
1972年 1点 1030×730
詳細はこちらから

その他、粟津潔関連商品はこちらから→粟津潔

なお、商品は一点限りでございます。お買い求めの際は、上記リンクからご購入・お問い合わせくださいませ。