NEWS & BLOG | 神保町の小宮山書店 / KOMIYAMA TOKYO

メニュー

小宮山書店 KOMIYAMA TOKYO

News & Blog

作家・翻訳家 澁澤龍彦の『悪徳の栄え 正続全2冊』『犬狼都市』『ホモ・エロティクス』『貝殻と頭蓋骨』のご紹介です!

2020 年 2 月 14 日 | カテゴリー : 新着・おすすめ商品, 文学・人文

こんにちは、小宮山書店です。
本日は中二階文芸フロアより、おすすめの商品のご案内です。

今回ご紹介するのは、作家・翻訳家の澁澤龍彦の書籍です。
1928年生まれの澁澤龍彦は、『唐草物語』や『高丘親王航海記』などの作品を著す一方で、マルキ・ド・サドの著作を始めとする国外のエロティシズムや幻想文学を日本に紹介しました。
また同年代の作家・三島由紀夫とも長く親交があり、その追憶は『三島由紀夫おぼえがき』などに残されています。

小宮山書店では、澁澤龍彦の貴重な初版本等をお取り扱いしています。

こちらはマルキ・ド・サド著『悪徳の栄え』の初版本です。
当時内容が猥褻だとして発禁処分になり、この本をきっかけに澁澤龍彦は被告人として裁判にかけられることになりました。
出版された1959年の趣きをそのまま保つ、ファン垂涎の書籍です。

『悪徳の栄え 正続全2冊』
著:マルキ・ド・サド 翻訳:澁澤龍彦
現代思潮社 1959年
商品の詳細・ご注文はこちらから

ほかにも、澁澤龍彦の初期小説集『犬狼都市 』などご用意しております。

『犬狼都市』
澁澤龍彦
桃源社 1962年
商品の詳細・ご注文はこちらから

『ホモ・エロティクス』
澁澤龍彦
現代思想社 1967年
商品の詳細・ご注文はこちらから

『貝殻と頭蓋骨』
澁澤龍彦
桃源社 1975年
商品の詳細・ご注文はこちらから

1987年に没した後も多くの人々を魅了し続ける澁澤龍彦。
出版された当時の質感と共に、その世界をぜひご堪能くださいませ。