NEWS & BLOG | 神保町の小宮山書店 / KOMIYAMA TOKYO

メニュー

小宮山書店 KOMIYAMA TOKYO

News & Blog

【新入荷のお知らせ】「 WORK SHOP 」8冊揃 −ワークショップ 写真学校 講師:東松照明 細江英公 深瀬昌久 横須賀功光 森山大道 荒木経惟 / Complete Set of 8 volumes Teaching Members of WORK SHOP: Shōmei Tōmatsu, Eikoh Hosoe, Masahisa Fukase, Noriaki Yokosuka, Daido Moriyama, Nobuyoshi Araki

2020 年 3 月 15 日 | カテゴリー : 写真集, 新着・おすすめ商品

本日は、小宮山書店4階から季刊誌「 WORK SHOP (ワークショップ)」をご紹介いたします。

WORK SHOP (ワークショップ)とは、東松照明氏を中心に名だたる写真家が講師として参加した伝説の写真学校です。講師:東松照明 細江英公 深瀬昌久 横須賀功光 森山大道 荒木経惟

Today we will introduce you a complete set of quarterly magazine, “WORK SHOP.”
WORK SHOP is a legendary photographic school, where renowned Japanese photographers, led by Shomei Tomatsu, has joined as lecturers. The lecturers included photographers such as: Shomei Tomatsu, Eikoh Hosoe, Masahisa Fukase, Noriaki Yokosuka, Daido Moriyama and Nobuyoshi Araki.

 

東松照明 細江英公 深瀬昌久 横須賀功光 森山大道 荒木経惟
Shōmei Tōmatsu, Eikoh Hosoe, Masahisa Fukase, Noriaki Yokosuka, Daido Moriyama, Nobuyoshi Araki

発行:写真ワークショップ編集室(WORK SHOP Photo School)  1974-1976

こちらの季刊誌は、その講師陣が創刊したもので、1974年の開校から1976年の解散まで8回にわたり発行されています。中でも創刊号から第4号までのタブロイド版はその発行部数の少なさからも極めて希少です。

This quarterly magazine was published by those lecturers for eight times, during the establishment in 1974 to dissolution in 1976. Among the eight volumes, the 1st to 4th tabloid-sized issues are especially scarce and rare.

WORK SHOP (ワークショップ)の始まりは、1969年から1973年に沖縄に滞在し東京に戻ったばかりの東松照明氏が森山大道氏にこの企画をもちかけたことからスタートしました。両氏の面会は、森山氏が上京した頃にさかのぼります。川田喜久治奈良原一高、細江英公、そして東松照明等により結成されていた写真家集団「VIVO(ヴィヴォ)」への参加を目指して恩師の岩宮武二氏の推薦状を手に大阪から上京し、面談したのが東松照明氏と後に師となる細江英公氏でした。VIVOは解散が決まっていた為、森山氏の当初の目的は果たされませんでしたが、その面談の場で細江氏のアシスタントになることが決まり、その日から東松氏との長く親密な交流が始まります。

写真学校 ワークショップの開校は、その独立したスタイルと抜群の講師陣から話題となり誌面にも多方面から才能が集結、「大島渚 vs 小沢昭一」等目を引く企画・アイデアが各誌に溢れるほど盛り込まれています。写真界では桑原甲子雄氏、内藤正敏氏、沢渡朔氏等も参加するなど毎号に実験的な新しい取り組みが目白押しで圧巻のボリューム!また、各講師陣の教室からは倉田精二氏、北島敬三氏、石川真生氏等その後活躍する写真家も多く輩出しています。

掲載されている写真は言うまでもなく素晴らしいのですが、講師陣やゲストを招いての対談、座談で繰り広げられる会話の数々にはのみ込まれるような圧倒的なカッコよさがあります。気鋭の写真家たちの奇抜で素直な言葉が魅力的で、写真も文章も丸ごと楽しめる貴重な季刊誌、ぜひ店頭でご覧くださいませ。

The project of WORK SHOP has started since when Tomatsu Shomei, who has just come back in Tokyo from Okinawa where he stayed from 1969 to 1973, has suggested the plan of establishing the school to Daido Moriyama.

The opening of the photographic school has gained attention at that time, and many innovative article has realized at the magazine, with entangling talents in various fields. In the field of photographs, photographers such as Kineo Kuwabara, Masatoshi Naitoh and Hajime Sawatari has joined in the volumes.
Also some of the students of WORK SHOP has become renowned as photographers, including Seiji Kurata, Keizo Kitajima and Mao Ishikawa.

Each photograph and dialogue in the article shows breath-taking appeal to the readers.
Please enjoy this historical magazine at our store.