NEWS & BLOG | 神保町の小宮山書店 / KOMIYAMA TOKYO

メニュー

小宮山書店 KOMIYAMA TOKYO

News & Blog

三島由紀夫「スタア」の希少な帯付の初版本を紹介します。Yukio Mishima -Star

2020 年 6 月 5 日 | カテゴリー : 新着・おすすめ商品, 文学・人文

三島由紀夫自身が映画に出演したことが、この作品を書くきっかけになったと言われています。

「スタア」の主人公水野豊は三島由紀夫と同じく、映画の中でヤクザ役を演じています。しかし三島がこの小説で描いたのは映画の内幕物でなく、スタアという「抽象的な肉体」をもつ存在の具象化を目指した一種の観念小説に仕立ててあるところであると、この本のあとがきに述べられています。それでも「スタア」を読むときに映画「からっ風野郎」を思い浮かべてしまうのは私だけでしょうか。

今回紹介します「スタア」初版本の帯付は年々入荷が減っています。その原因は帯の紙質の薄さの為に、切れやすく函から外れやすいことから来ているようです。装丁は爽快な青と白のツートンカラーのシンプルで美しくデザインされた函に、金色の薄い紙質の帯が巻かれています。今回入荷した「スタア」には中の本にオリジナルのパラフィン(セロファン)が良い状態で残っていますので、より価値があります。帯付の「スタア」初版本はその希少性の為に今後相場の値段が上がる事が予想されますので、早めのご注文が得策とおもいます。ご注文をお待ちしております。

「スタア」の詳細とご注文はこちらからどうぞ。Click here for details and purchase.