赤瀬川原平(Genpei Akasegawa) | 神保町の小宮山書店 / KOMIYAMA TOKYO

メニュー

小宮山書店 KOMIYAMA TOKYO

赤瀬川原平(Genpei Akasegawa)

1937年横浜生れ。
画家。作家。1963年に「ハイレッド・センター」を結成、前衛芸術家として活動を行う。その後「ガロ」で漫画家としてデビューし、朝日ジャーナルで『櫻画報』を連載した。1979年には尾辻克彦名で小説『肌ざわり』を発表。1981年『父が消えた』により芥川賞を受賞する。1986年、路上観察学会を創設、1987年『東京路上探険記』で講談社エッセイ賞受賞。1998年には『老人力』を刊行し、新しい老人像を描いたことにより話題となった。

6件ヒット
新着順  |  価格の安い順  |  価格の高い順  ]
在庫有  |  すべて  ]
赤瀬川原平 / Genpei Akasegawa
ASK
赤瀬川原平 / Genpei Akasegawa
ASK
赤瀬川原平 / Genpei Akasegawa
ASK
赤瀬川原平 / Genpei Akasegawa
ASK
赤瀬川原平 / Genpei Akasegawa
ASK